dami01

胞山にんにく

恵那山のめぐみいっぱいの、健康なにんにくが育ちました

スタミナ食材として古くから愛されている「にんにく」。日本の真ん中、岐阜県恵那市東野でできる限り農薬に頼らず大切に育てられた「胞山(えなさん)にんにく」は、大地からの栄養をたっぷり蓄え、厳しい冬の寒さの中、じっくりと甘さと美味しさを熟成しました。


胞山にんにくは土づくりからこだわっています。

「胞山にんにく」は、マイルドな味わいが特徴の暖地系にんにくです。
にんにくにとって適した山間の豊かな土壌と冷涼な気候。長年の研究の末にたどり着いた理想の堆肥を使ったこだわりの畑。胞山にんにくは、自然の恵みと、安心が詰まっています。


栄養満点!にんにくの効能と成分

古来よりスタミナ食材として重宝されてきた「にんにく」。また食材としての利用だけでなくその強い香気から魔除けとしても用いられてきました。
その起源は古代エジプトにまでさかのぼり、ピラミッドの建設に従事していた人たちもにんにくを食べていたといわれています。日本でも古くから書物に登場し、 江戸時代には香辛料や薬として利用されるなどその力は古くから知られていたようです。
一般的に、にんにくには “スコルジニン” “アリシン”といった注目の成分が豊富といわれ。先人たちが、にんにくをスタミナ源として食してきたのもうなずけます。

 

photo_230_ninniku


胞山にんにくの耕作履歴

 

record_ninniku