土づくりから改善に取り組み
土壌のバランスを最適に保ちます。

長い間作物がつくられずに放置された田畑は、再び活用できるまでには多くの手間が必要です。 東野では、手入れをして再活用するだけではなく、特別な堆肥を使用して栽培する作物に適した環境に改善しています。

微生物を含んだ堆肥を使用
雑草や木の伐採

放置された畑では、木や草が伸びて畑の陽あたりが悪くなったり、養分が足りなくなったりすることもあります。 畑の中だけでなく、周りの環境も整えることが重要です。

安心な作物の
栽培のために

長年試行錯誤を重ね、栽培する作物にあった土づくりができるようになりました。 堆肥中の微生物によって土壌のバランスを最適な状態に保ち、病害虫の発生しにくい畑に変えることで、 化学肥料や農薬にできるだけ頼らない栽培をすることが可能になります。

東野オンラインショップ
法人様専用お問い合わせフォーム

大量のお取引や業務用でのご利用など、法人のお客様はこちらのフォームからお問い合わせください。

胞山にんにくの耕作履歴
胞山なんだもんだの耕作履歴
なんだもんだぶろぐ